常夏の島ハワイ!日本人の多い事は言うまでもありません。
日本語が通じるお店も多い。
今回は結婚20周年の記念の年にハワイへ旅行へ。
楽しかった思い出を残します。


本サイトのオプショナルツアーの記載位置にショートカット!

◆サンセットディナークルーズ
◆ダイヤモンドヘッド・ハイキングとカフェ・カイラ朝食
◆ハナウマ湾シュノーケリングツアー
◆オアフ島一周よくばり観光

1日目(日本:2019/08/1 22:20 → ハワイ:2019/8/1 11:20)

関空から約9時間の飛行を経て、ハワイに現地時間の12時前に到着!
入国審査や、JTBの説明などで昼食にありつけたのは2時頃でした。
アラモアナセンターのフードコードでアメリカンな洗礼を受けました…。

私自身は「Steak & Fish Company」で”House Stake”を注文
ステーキは3枚入ってましたが、薄目だったので大した事ないと思ってたのですが、
美味しさ満開でお腹いっぱいで幸せになれました。
あの量の写真を撮らなかったのが残念。
長女が「Paradise Cafe」のホットサンドイッチが半分食べきれなかったので、
頂きましたが半分でもボリューム満点。しかもめちゃ旨だった。
チーズの美味しさ最高!

ホテルのチェックインは15:00過ぎなので、
それまでアラモアナセンターでちょっと買い物でプラプラ。

アラモアナホテルはセンターと繋がってるので買い物には最高のホテル。
また、些細な事ですが、オプショナルツアーの迎えなどは最初の拠点になるので、
家族が固まった席に座れたのもよかった。
ワイキキビーチをメインに旅行する人には不便なホテルとなりますが、
買い物や観光目的をメインにするには行動しやすいホテルです。

チェックイン後、中途半端な時間だったので、
とりあえず、カハナモクビーチまで散歩に。

カハナモクビーチは波も穏やかだし、ワイキキビーチより人も少な目。



カハナモクビーチの手前にある「ラグーンビーチ」。
人工のビーチではありますが、見た感じは最高です!
波が無いので小さなお子さんには最適だし、綺麗なビーチでした。

ホテルに戻ったら、流石にどっと眠気に襲われました。
飛行機ではハワイへの興奮で睡眠できなかった為、
横になったら10秒ほどで眠りにつける有様でした。



2日目(ハワイ:2019/8/2)

今日の日中はフリーなので、ハワイの代名詞とも言うべき、
ワイキキビーチで少し遊んで、夕方からサンセットディナークルーズまでは
買い物とかでプラプラできればいいかなーって感じです。

まずはホテルからJTBのOLIOLI(オリオリ)カードを見せれば
無料で乗れる周回バスでワイキキビーチへ移動。

このオリオリカードがめっちゃ役に立ちます。
周回バスは無料だし、カードを見せれば商品が10%引きになったりする提携ショップも多い。
困った時のJTBのサポート、オプショナルツアーの手続きも簡単になる。
色々助かりました。これはJTBに感謝感謝です。



ランチはビーチ沿いのお店にて食べました。
折角なので本場のロコモコを。
本場で食べるロコモコはご飯はパサパサ気味でしたが、
味はそこそこでした。量は少し多めで丁度よかった。

…けど、ロコモコが出てきた時、サラダとかのトッピングを
 忘れたらしく、野菜盛りが急遽盛られました。
 何ともアバウントな感じです。日本ではありえないですねー。

一旦ホテルに戻り、着替えて夕方までアラモアナセンターにお買い物。
アラモアナセンターはハワイで一番広いショッピングセンターなので、
2、3時間では行きたい店の全てを回る事ができません。
買い物するなら時間にゆとりが必要です。

JTB サンセットディナークルーズ

さてさて、夕刻になりサンセットディナークルーズのお迎えの時間です。
バスに乗る事20分ぐらいで、クルーザーが停泊している湾に到着。

クルーザーには1500人ほどが搭乗可能とあり、4階建ての大きな船です。
1つの階が更に2つに仕切られて、国ごとに分けられてました。

3階では結婚式を行ってたようです。
ハワイでクルーザーの船上で式なんてお洒落ですね。

まずは飲み物ですが、雰囲気に合わせて普段は飲まないカクテルを注文。
「ブルーハワイ」
たまには違うお酒も良いものですね。 ジュースのようでしたけど…

スマホで写真を撮ろうとしたら、ダンスしてたお姉さんが
内緒で後ろにそっと。いい記念撮影になりました。

前菜も終えて団欒の時間に、
食事中ではありますが、サンセットを見に甲板に上がりました。

雲と夕焼けと画像では分からないのですが、薄い三日月が出てて、
何ともいい感じの眺めでした。
海上から見るワイキキのビル群の眺めも壮観!

さて、船内に一旦戻り歌や踊りを楽しんでると料理が運ばれてきました。
本日のメインとなる、ロブスター。
食べるのにコツが要りますが、慣れれば簡単。
本来、手と尾しか食べないのですが、
美味しそうだったので、頭も開いて味噌まで食べました。カニ状態です。。
マナーは無視で完全に自分の世界でした。

お上品なお肉も美味しくいただけました。
2杯目はワインにすればよかったかなーっと。

食事を終えたら、今度は花火を見に甲板へ
日も暮れて綺麗な夜景を眺めてると始まりました。
時間的には5分ほどですが、海から見るワイキキの花火。
なかなか見応えのありました。

花火を終えるとクルーザーは帰路に就くので席に戻りました。

すると配膳していたリーダー格のお兄さんが皆に声をかけ始めました。
席を立つように言って、前の人の肩を後ろから手をかけて電車ごっこ状態で、
部屋を音楽に合わせて回り始めます。ほぼ全員が参加してました!
♪踊る阿呆に見る阿呆~同じ阿呆なら踊らにゃ損損♪(阿波踊り)です。

ここからが最高に楽しい!

電車ごっこはストップ。今度はステージの中心のお兄さんをみて
お兄さんの振りに合わせて音楽もノリノリで踊ります。
皆が知ってるノリのいい曲が続け様に流れてめっちゃ楽しいです。
お兄さんの声に応答して叫んだり、歌ったりして楽しめました。
楽しすぎて写真を撮るのも忘れてしまうほどでした。
終わった後は皆がハイテンションになり、気分も最高潮で帰着しました。

オプショナルツアーの口コミにはこの事は全然なかった所をみると、
もしかしたら、今回から始まった事かも知れません。
めちゃくちゃ楽しかったです!!



3日目(ハワイ:2019/8/3)

3日目は早朝から行動開始でバタバタします。
ダイヤモンドヘッドに登頂して、朝食を食べてホテルに戻り、
10時からハナウマ湾にシュノーケリングツアーです。

JTB限定 ダイヤモンドヘッド・ハイキングとカフェ・カイラ朝食

ダイヤモンドヘッドは朝一なので、4:00に起床して5:00に集合。
ダイヤモンドヘッドには6:00前に到着し、登頂にあたっての注意事項を聞き、
6:00に開門されてスタート!山頂には30分ほどで登頂できます。

登山中の風景では、日の出の明かりで山並みが綺麗でした。

上に同じような画像を載せてるのですが、
それは2枚目の画像から何かわからない光が写ってる事に気が付いたので、
残しておこうと思います。
写ってるのは、この方角を写してる時だけ。UFOだった嬉しいなー。

山頂までにも休憩するポイントや撮影ポイントがあります。

登頂!
山頂にはかなり人がいましたが、爽快で気持ちよかった。
ワイキキ湾を見下ろす風景。この角度から見るワイキキもGood!
朝焼けには間に合いませんでしたが湾を一望する風景は一見の価値ありです。
もう少しゆっくりしたかったのですが、帰りのバスの時間や
待ってる人も多いので、早々に見納めして下山します。

下山でも景色が綺麗だったので、パシャ!
やっぱりこの角度だと青い光のようなモノがが写ってます。光の影響かな。。。

下山したら登頂証明書を貰って、記念撮影!

バスで朝食を食べに移動します。
店についたら、既に席は満席状態、人気のカフェのようです。「Cafe Kaila」
東京にはお店があるみたいですが行った事はありません。

ホットケーキ3枚 + 山盛りのイチゴとバナナとブルーベリー + 生クリーム + シロップ
朝からこんなのを毎日食べてたら、ハワイ人の体形が大きくなるのもわかる気がします。

H.I.S. ハナウマ湾シュノーケリングツアー

お腹も満腹になり9:00頃にホテルへ帰着。
次のオプショナルツアーの「ハナウマ湾シュノーケリングツアー」の
用意の為に水着に着替えて準備しておきます。

時間の都合で、今回のオプショナルツアーはJTBではなく、H.I.S.を利用しました。
JTB以外のオプショナルツアーでどうなるのかちょっと心配だったのですが、
全然問題なしでした。

シュノーケリングセットをレンタルする為のセンターに寄って
機材の準備と使い方の説明を受けます。そこで運よく「おにぎり弁当」が残っていたので、
購入して現地(ハナウマ湾)へ出発!

ハナウマ湾は自然保護を受けているので、
入るにはビデオを閲覧してからでないと入れません。
入場券(7.5ドル)に、ビデオ鑑賞の開始時間が記載されていますので、
時間まで入口で待ちます。

ビデオでは湾の成り立ちやゴミを捨てたり、魚に触れたりしてはいけませんよー。
という注意事項。海や魚を大切にしようと内容です。
日本語訳の音声が流れるイヤホンも無料で貸し出し頂けます。

食事などはビデオを観るまでに購入しておいた方が良いです。
浜では販売はしていませんでした。

美しい。この綺麗さは大事にしたい。自然保護に指定されるのも納得。

ハナクマ

浜には坂を下る必要があります。
有料(1.25ドルぐらいだったかな)でカートで引っ張ってもらって下りる事もできますが、
大した距離じゃないし、下る途中の眺めも見たいので歩きました。

坂を5分ほど下って浜に到着!
天気にも恵まれて眺めも最高でした!!

ハナクマ

砂もサラサラで透明度もバッチリ!浜から海に入った膝下ぐらいの浅瀬で
水中を覗くと小さな魚が泳ぐのが見えます。魚の数が多い!
少し沖の方に行くと鮮やかな大き目の魚を見る事ができ、
サンゴとカラフルな熱帯魚が泳ぐのを実際に見ると大興奮!
シュノーケリングがめちゃくちゃ楽しめる事間違いなし。
50cmほどの大物もいますし、運がよければウミガメと遭遇する事もあるみたい。

遠浅なので、沖の方まで歩いて行けますが、
サンゴを踏まないように注意が必要です。

シュノーケリングで魚を追ったり、サンゴを眺めたりしてると
ついつい沖の方まで行き過ぎます。
沖に行き過ぎると波が強くなるので、波が強いなーと思ったら
引き返しましょう。沖に行き過ぎるとマイクで注意されます。

ハナクマ ハナクマ ハナクマ

水着のままでお迎えOKとの事だったので、時間ギリギリまで遊びました。
今日は朝早くから体を動かしっぱなし。疲れましたね。





4日目(ハワイ:2019/8/4)

JTB限定 オアフ島一周よくばり観光

遊べる日としては本日が最終日。
最後はオワフ島一周のオプショナルツアーです。

朝はゆったりスタートです。
今回はラッキーな事に参加人数が私たち家族4人+1人でしたので、
ドライバ兼ガイドのメルさんのサポートをしっかりと受けれました。

まず向かったのはタンタラスの丘です。
この丘から夜景を見るオプショナルツアーも人気のようですが
夜景を見るスポットよりも少し高めの所まで上がります。
ここからだと、真珠湾も見えます。(ピンボケだったので、真珠湾側は載せてない)

撮影ポイントとしては、もう1つあります。
"綾瀬はるか"さんのANAのCM
CMでは綾瀬はるかさんは木の上に座っています。
日本人だけの撮影スポットです。メルさんが教えてくれました。

さーて次は誰もが知ってる日立のCMの木
♪この~木なんの木、気になる木♪
CMで使われた木の本物を見に行きます。4方向から撮影。

木の下は涼しくて気持ちいい。木漏れ日がめっちゃいい感じ。

車で移動中はメルさんが運転しながら、マイクで次のスポットの事や
ハワイの歴史とかずっとお話してくれます。

その話では、この場所はカメハメハ大王の別荘の庭だったとの事です。
誰も撮影しないのですが、教えて頂いた貴重な情報なので、
別荘の画像を残しときます。

お次はマカデミアナッツを販売している所に向かいます。
10種類ほどのマカデミアナッツが販売されており、
コナ+マナデミアコーヒーもあります。
それぞれサンプルが食べ放題、飲み放題なので、飲み食べしないと損です。

メルさん情報で、サンプルには出てないマカデミアナッツあります。
WASABI
店員さんに「WASABI」と言えば出してくれます。
個人差はあると思いますが、美味しかったのでWASABIは購入しました。



お次は早めの昼食を食べに向かいますが、
その道中に珍しい生き物が居たので車を停めて見に行きました。

絶滅危惧種のハワイアンモンクシール

実は3日目のハナイワ湾のお迎えの車で
一人旅行の外人女性と同席となり、
彼女から「モンクシールは見れましたか」と聞かれたのですが、
モンクシールっていうモノが何なのか分からず、
画像を見せてもらって、アザラシの事かーっと知ったばかりでした。

偶然にも本物が見れてラッキーです。40頭ぐらいしか確認されていないようです。



海岸沿いをずっと走っていくのですが、
オワフ島の北側の海、砂浜も綺麗そうです。しかも人がほとんど居ない。

メルさんのお話ですが、バスの乗り放題のチケットを5.5ドル程で購入し、
バスマップのアプリを見ながらオワフ島を回れば良いと教えてくれました。
英語が堪能で、人とは違うハワイを味わいたい人には最適なプランだと思います。



事前に車の中で昼食のシュリンプの話を聞き、何を食べるか注文していたので、
現地についた用意されていて即食事です。

通常はガーリックシュリンプを頼む感じですが、
今回はメルさんのおススメのレモンシュリンプを注文。

シュリンプを出すフードトラックが多いポイントがあり、
そのうちの1つのフードトラックのシュリンプを頂きます。

初めて食べるレモンシュリンプでしたが、
さっぱり味でパクパクいただけました。
ご飯はパサパサでしたけどね。。



満腹になったあとは、ソープファクトリーとコーヒーのお店に向かいました。

ここでは、傷も治すというKUKUIのオイルローションと
ワイアルアコーヒーとピーナッツバターを購入。
コーヒーは6種類試飲できます、ピーナッツバターも4種類ほど試食。
その中から選んで美味しいやつを選びました。

ココには「モヤモヤさまぁ〜ず2」のTV番組が来てたみたいです。
看板に番組名が書かれてました。(指さしている所ですけど…見えません。)



次はウミガメを見に行きます。

しかし、3か所ほどウミガメスポットの海を見に行きましたが、
残念ながらウミガメは見れませんでした。
さらに、雨も降ってきた…。
ハワイで雨に出会うのも珍しい!?ので、それはそれで良かったかな。

ウミガメが見れないお陰で、大谷翔平選手も祈願にきた
パワースポットのバランスロックも案内して頂けました。
デカい切り株の上で記念撮影も出来たし、良かった良かった。



ウミガメは諦めて、ハレイワで買い物です。

おススメは、ハレイワで一番古いサーフショップ
SURF・N・SEA
ここでは、「HALEIWA」がデザインされたロンTを購入しました。

ハレイワには、素敵なお店が多いので、事前に行く店を決めておかないと回り切れません。

メルさん情報。
かき氷(シェイブアイス)屋さんでは「マツモト」が列をなす人気店です。
その道を挟んだ向かいに「アオキ」があります。
元々マツモトとアオキは同等に勝負していたのですが、アオキのオーナーが
引退で店を畳んだ為にマツモトに人気が集中。
現在は、アオキの息子が店を引き継いでオープンさせ、かき氷を販売しているとの事。
味はアオキもマツモトと同等とのこと。

なので、アオキで買ってマツモトの前で写真を撮れば、
時間も節約できてオールオーケーですね。

お店の写真とか撮ればよかったな。。。

インスタ映えスポットもありますので、お忘れなく。
羽の位置がちょっと高いけど、可愛い過ぎる…



最後のスポットは、DOLEのお店。
パインのアイスを食べに寄ります。

アイスを食べるのも良いですが、
ハワイの州花が見れる事を教えて頂けました。
正しい州花は、全て黄色らしいです。中に色がついているものは偽物。

珍しいようですが、赤色の花もあります。

模型みたいなパイナップルの実物も見る事ができます。

最後の車の中では王族が子供産む時の儀式の話を聞いたり、
真珠湾に停まっている大和より6mほど大きい戦艦ミズーリを一瞬だけ見たり
ワイキキの美味しいお店の話を聞いてホテルに到着しました。

1日があっと言う間でした。めっちゃ楽しいツアーで最後を締めくくれて良かったです。

田中オブ東京

最後の晩餐はステーキで締めくくりました。
アラモアナセンターの4Fの田中オブ東京です。
…ホントにアラモアナセンターはめちゃ便利。

JTBで田中オブ東京の予約をして頂いた時の注意事項はビーチサンダルは
控えてくれとの事でしたので、綺麗なステーキハウスかなーと思ってたのですが。
どちらかと言えばファミレスの雰囲気に近い感じでした。

席についてからの待ち時間が長かったのは気になりましたが、
料理はそれなりに美味しかったし、パフォーマンスもよかったので帳消しです。
最後に記念撮影の写真も購入して満足して終了。ご馳走様でした。


安心のルックJTBや、お手頃価格が魅力のJTBお買得旅!

5日目(ハワイ:2019/8/5 11:45 → 日本:2019/8/6 16:45)

本気の最終日は飛行機で帰国するだけ。

朝早めに目覚めたので、アラ・モアナ市立公園にお散歩。
ランニングや散歩、通勤している人などが思うより多かった。
すれ違う人と挨拶を交わしながらのんびり公園をグルグル回りました。
ハワイは優しい人ばかりでした。

ハワイに来て良かった。
最高の思い出になりました。



海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!






感想

10年ほど貯蓄したハワイ貯金を気兼ねなく使い切り最高の家族旅行の思い出が作れた。
プーケットやオーストラリアという候補もあったけど、ハワイにして良かった思う。

JTBのサポート力は大きかったし、ハワイは日本語は通じる所が多いのも楽だった。
アメリカ本土に比べると安全性も高くて安心して旅行が出来たのも良い点かな。

旅行中は毎日、美味しい料理を食べて、山や海で120%楽しめた!
天気が怪しい時もあったが、恵まれた方だと思ってます。
子供たちが思い出に残るページの1つになってくれたら更に良いですけどね。

私のオプショナルツアーのランキングベスト3です。

 1.ハナイワ湾シュノーケリングツアー
   →綺麗な海で熱帯魚が目の前で見れるのは感動的
 2.オアフ島一周よくばり観光
   →メルさんのサポートが良過ぎでした。
 3.サンセットディナークルーズ
   →最後にみんなで歌って踊れるのが印象的

JTB



☆ミ 「おでかけ」一覧リストへ戻る