池から現れる河童を見たくて福崎町へ。
町全体が妖怪で楽しんでいる様が感じられます。

河太郎(ガタロウ)と河次郎(ガジロウ)

河童の河太郎と河次郎

--------------------------------------------------
福崎町には、市川という大きな川が流れています。
この川の岸に駒ヶ岩という大きな岩がありますが、そこには以前、河童の兄弟、兄の河太郎(ガタロウ)と弟の河次郎(ガジロウ)が住んでいました。二匹は、川へ水遊びにやってきた子供の足を掴んで引きずり込み、「尻子玉」を抜いてしまうのです。
やがて、子供たちは河童を怖がって誰も駒ヶ岩で遊ぼうとしなくなりました。二匹の兄弟は、自分たちのせいだと後悔しました。
ある日、みんなの寝静まった夜、河太郎たちは柳田國男先生に謝ろうと、駒ヶ岩から生家のあるこの辻川山公園にやってきたのです。
二匹は柳田國男先生に会いたくて、毎日毎日この池で待っていました。
兄の河太郎は池のほとりで、弟の河次郎は皿が乾くと困るので池の中で、それぞれ待つことにしました。
二匹は、何年も何年も柳田國男先生を待ち続けました。
とうとう兄の河太郎は頭の皿の水がなくなって、固まって動けなくなってしまったのです。
こうして河太郎は、池のほとりで動けなくなったまま、今も巌橋の方を見て柳田國男先生の帰りを待っているのです。
一方、弟の河次郎は池の中にいたので、今でも池の中から出てくることがあります。池の中をずっと覗いていると、尻子玉を抜かれるかもしれませんよ?
--------------------------------------------------

説明を読んでから、ガタロウ、ガジロウを見た方が楽しますので、
面倒でも↑の説明を一読をおススメ。

ガジロウは3回ほど池を出入りします。
3回見逃したとしても、15分後にはまた出てきますのでゆっくり行きましょう!



こちらは動けなくなったガタロウ。
皿が干上がって固まる最後の瞬間まで「尻子玉」を手にしているガタロウの根性に感涙^^

銅像

コンテントの最優秀作品が展示されています。
素人とは思えない造形ばかりの作品が揃ってます。

逆さ天狗

逆さ天狗ともちむぎどらやき

--------------------------------------------------
昔々日本には天狗という妖怪が空を飛び回っていました。天狗は好奇心旺盛で、人間界に下りてはいたずらをしていました。
ある日、福崎町の空を飛んでいた天狗は一軒の家を見つけました。何かに惹きつけられるように天狗はその家へ下りていきました。そこは凄く小さな家で、この家なら多くのいたずらができるぞ、と天狗はワクワクしていました。
天狗が家の中でいたすらをしようとしたその時!
「誰じゃ!誰かいるんか!」
天狗は驚きました。その声の主はそう、柳田國男先生だったのです。
「天狗か。何をしに来たんじゃ」
天狗はいたずらをしに来たとは言えず、とっさに
「お腹がすいて…」
とウソをついてしまいました。すると、柳田國男先生は、
「そういう事だったのか。それではこれを食べなさい」
そう言ってもちむぎどらやきを天狗に手渡しました。
貰ったもちむぎどらやきはとても香ばしくて美味しく、すっかりもちむぎどらやきのとりこになりました。
それから天狗は、好きな時にいつでも食べられるように、生家の近くに似たような小屋を建て、お腹がすいた事に小屋からでてくるようになりました。
食べている所をみんなに自慢したい為、逆さになってもちむぎどらやきをみせびらかせています。
いたずら心は昔から変わっていませんね。
--------------------------------------------------

ただの食いしん坊の天狗だったんですね^^
銅像でもちゃんとどらやき咥えてます

逆さ天狗は2回ほど小屋を出入りします。
小屋に入ったら毎回違う一言を喋ります。
「やっぱり髪の毛、変ね」
「俺も写真撮ってくれよ~」
とか、ハッキリは聞こえませんが小屋の扉が閉まってからオチがあります。





妖怪ベンチ

これは結構見物です。辻川山公園の妖怪ベンチはこちら↓。
町中にパラパラと妖怪ベンチが点在しています。
自撮りしてる鬼のベンチなど力作もありますので、プラプラ散歩して見つけてください。

caution

オモロイ立て札があるので、残しておきます。
立て札の効果はないようですが…

JR福崎駅のガジロウ

こちらは15分に1度だけ上がってきて、
なかなか見応えのあるガジロウが歓迎してくれます!

駅を南に行くとすぐパーキングがあり、
2時間は無料なのでそちらに駐車してガジロウを待ちましょう!






★★★ 近くの「ユニトピアささやま」にも遊びに行こう! ★★★



★星空が見えるホテル

星空の見えるリゾートホテル 峰山高原ホテルリラクシア

料金

無料

営業時間

24時間?

駐車場

無料(ガジロウもお願いしてるので、路駐は止めましょう)

電話番号

住所

兵庫県神崎郡福崎町西田原1028

場所

Googleマップで表示

感想

河童は期待を上回ってました。
もっとしょぼいかと思っていたのですが、実物みるとなかなかよくできてます。
幼い子で軽く悲鳴をあげて怖がる子もいたぐらいです。

天狗もなかなかです。小屋の扉の開閉の音ははっきり聞こえて雰囲気出てますが、
天狗のしゃべりはハッキリ聞こえないのは残念です。
おもろい一言喋ってるので、ハッキリ聞けたらもっと楽しめるかと。

妖怪ベンチが結構楽しい。お店の前にあったり、いろんな箇所に点々とあるベンチ。
どこにあるのかわからないので、全てを回るのは難しいですが、
至る所にあるのでベンチ探索も楽しめます。
鬼の自撮りベンチがかなり気に入りました。

福崎駅のガジロウも見逃さずに!
15分に1回だけ顔を見せるガジロウです。
河童の出来としては、こちらの方が上かと。必見!


☆ミ 「おでかけ」一覧リストへ戻る